1. それは本当に「やるべき」「やりたい」ことなのか真剣に確認すること。そうしなければ、手を付けたところでそれは時間の浪費だから。
2. 簡単化を心がける。ツールをいじくったり、見栄えをよくしたりといったことは忘れること。ただ「実行する」ことだけに集中。
3. 一日の最初にそれをすること。メールを読んだり、ブラウザを開く前に。
4. それを実行するために邪魔になるすべてをあらかじめ排除しておく。これはネットも含む。
5. 「終わらせる」という気持ちではなくて「始めてみる」という気持ちでとりかかる
6. 10分だけやるのだと自分に言い聞かせる。
7. 一番気が重いタスクを ToDo のトップにおくこと。
8. その作業のうち、もっともやる気を起こさせる部分を探してそこから始める。
9. 完璧主義は捨てる。とりあえず始めて、あとで直す。
10. それでも先送りを続けてしまうなら、本当にやりたいのか再確認するべき。罪悪感を感じながら先送りするよりも、能動的に後日に再スケジュールできないか確認する。

でも振るっているのが、この10項目のあとに続く言葉です。「このすべてがダメだったなら、昼寝でもするか、ちょっと外の空気を楽しむか、何もしないのもいいだろう。能率をあげることだけが人生じゃないさ」