かならず戻るといったのに、戻ってきたのは猫だった。額が丸く刈り取られ、小さな家が立っていた。見知らぬ人が中にいて、大きく右手を振っていた。話しかけようとすると窓を閉じる。直後に中から銃声が響く。音に驚いた猫が逃げる。残った私は窓を閉じ、手の中の銃を持て余す。