(この世界は神様プロダクションが作っている映画である)じゃあ、なら、自分の役割は何だろうというと、シナリオは足下に、今、立っている、靴で踏んづけているその足下にあるもんですよ。それこそ、「決定稿」がね。

(この世界の意志や本質はとるに足らない馬鹿馬鹿しいことに宿るんだけれども)頭のイイ奴ってのは、そこ肝心な時に素通りするから、それどころか、しばしば物知りだから「意見」しやがる。  絶対、オリコウさんの理屈ってのは、足引っ張るからさ、戦闘中は。