キューバは、ソ連の崩壊以来、米国を始めとした先進国から「経済封鎖・食料封鎖」を受けた。しかし、「都市菜園」という方針のもと、遊休地・空地の全てで食料生産を行う全国民的取組みで、その危機を脱した。