全てがインタフェースであり、コンテンツである本と、データという触れないものに決められた方法を持ったインタフェースを介在させるものとでは、インタフェースの問題以前の問題なように思う。