12月

2017年のライブは、12/3Ftarri、12/8 王子・北とぴあでの「新しい洞窟」でおしまいでした。
12/3のFtarriはイタリアからのFabioさん、秋山徹次さんとのトリオ。Fabioさんや秋山さんの音の組み立てを聞きながら私はピアノを演奏したのですが、ふたりの即興のアプローチの違いが面白かったしいろいろと参考になりました。秋山さんと演奏すると(録音を聞いてもそうですが)、集中力と音の速さにはっとさせられます。

後半、謎の終わるか終わらないかゾーンがあって、お客さんからも賛否両論だったのですが、あれは、Fabioさんが手を置くタイミングを、私が計りかねてるという状況の中、秋山さんが4分33秒経過したら一音出す、という恐ろしい一人ジョン・ケージ企画をしていたために起こったのだということが打ち上げで判明しました。

当日の写真をJazzTokyoの齊藤聡さんが撮影してくださっていたので、以下にはっておきます。
秋山さんとのデュオは、3/23にJazz & Nowの寺内さんの企画でまた演奏できるのでたのしみ。七針です

Fabio Perletta Japan tour 2017/12/3 at ftarri

12/8の王子、北とぴあは、元プラネタリウムだったドーム状のホールでのソロでしたが、space dikeの畔柳さんがスマホ録画をしていてくれたので、そのライブの様子もはっておきます。ドームに影をうつすのが面白かったな。
このイベントはIAMASと、芸大の映像学科の全面協力でおこなわれたもので、そちらでのアーカイブもとられているので、まとまったらまた。

10月のICCと、11月の「ここから」、そして12月の北とぴあが比較的広い場所(11月のここからは狭かったけど、移動距離が大きかった)でのパフォーマンスになったのですが、いろいろ発見がおおくて、これらの場所で演奏をさせて貰う機会があってよかったです。
11月の「ここから」は、直江さんの企画で、当日私は、人形遣いの長井さんを照らしながら演奏する、という演出になって、空間や光の使い方についてかなり発見がありました。ラジオの音がトランスミッターで空間を満たす感じや、テレビのグリッジ音との兼ね合いも面白かったです。
それぞれまたやりたい感じですが、機会をくださったみなさまありがとうございました。

来年はまだ詳細がでていないのですが、いまのところ以下のような感じです。こちらも決まった(り、変更があった)らNewsのほうに公開していきますのでよろしくおねがいします。来年もすこしずつ、演奏のなかに新しいことを加えていきながらアップデートしていけるといいなとおもってます(繰り返し来てくれるお客さんにもなにか驚きがあるように)
1/7 Ftarri(ソロ), 3/23 七針(デュオ), 5/13 Ftarri(たぶんデュオ), 6/13~6/17 西荻Fall(展示)

来年の目標は、いままでうまくまとめられてなかったパッケージをまとめたいなあというのと、英語の勉強かな…。去年からずっとIELTS7を取るのが目標なのですが、試験をうけてすらいないのでいいかげんになんとかします。あと体重へらしたい。

ではみなさま、来年もよろしくおねがいします。

Camp Off Tone 2017

9/23,24と山梨で開催された野外パーティOff-Toneのインナースペースと名付けられた温泉併設の休憩所?で演奏してきました。そのまえに少しワークショップもしました。というわけで、ワークショップの資料と、ライブの動画をアップします。

ライブの動画(1時間のものを30分に編集)

ワークショップは、「普通のDCモーターにおもりをつけて振動モーターにし、いろんなものにくっつけて鳴らそう」というものだったのですが、子供4名、大人3名、参加者にそのまま作った楽器を持って自分のライブに参加してもらったところカオスに…。(順番に演奏してもらうためのルールを考えて、ある程度アルゴリズミックに演奏してもらうつもりが、こどもの「もうあきた」「つまらない」というブーイングにより、コントローラブルな部分をすべて排除したのも原因でしょう)

さらに温泉帰りの親子がどんどん入ってくることによって、”演奏に使うもので遊び始める”、”演奏中に止まない子供の質問”、”温泉あがりの大人たちのたのしいおしゃべり”の中、なんだかよくわかんない感じになりました。

ワークショップ資料(クリックで拡大)
gatagata

現場の雰囲気を伝えるのは、動画でもちょっと難しいかなとおもうのですが、撮影してくれた大城くんやお客さんのコメント(つぶやき?)が動画のなかにいっしょに収まっているので、こちらはできるだけ雰囲気がわかるようにカットせずいれています。私が演奏しながら、悪態ついたり愚痴ったりしてるところは大概削りましたが、もう少し整理して短くしてもいいかもしれない。最後の5分くらいから見たほうがいいかも。

「アンコントローラブル」についてここ数年ずっと考えてたつもりだったのですが、他人の介入によって制御不能になる感じはけっこうはじめて。
ワークショップ初心者の私にワークショップ企画を任せ、次々に風呂上がりの子供に声をかけて座敷に投入するというある意味乱暴なオーガナイズをしてくださった、インナースペースオーガナイザーの白倉さんありがとうございました。
Off-Toneもとてもよいパーティで、山の中のキャンプ場に一夜にして魔法の村が現れる様子が素敵でした。オーガナイザーの松坂ご夫妻やスタッフのみなさまお疲れ様でした。

弾き語りというプロジェクトについて

5/28に、滝沢朋恵さん、安永哲郎君、千葉広樹君(この3人はトリオで)、そして秋山徹次さんと私、という出演者で弾き語りの企画をしました。失敗したところもあり、面白かったところ(多分に私以外の出演者の才能に負う部分が多かったのですが)もあり、という感じでした。
ちょうど前日から泊りがけで我が家に制作にきてた三原聡一郎君が写真をとってくれたので以下共有します

https://www.flickr.com/photos/26757052@N04/sets/72157684400071325
20170528: "Ikiki"@Ftarri

秋山さんにお願いというか無茶振りして、こんな感じで歌をうたったのは今年に入って2回め(3月25日以来)ですが、その前に自作の歌を人前で歌ったのは、2004年のことだったような(河合拓始さん、沢田穣治さんとのトリオ、これも無茶ぶり…)。もう10年以上前のことです。

今回は、ftarriという場所で演奏したこともあって、うまく即興や「人前で歌うこと」に対する問い直しができれば…、特に秋山さんのギターは、いわゆる曲や物語を指向する歌の上や、単純なコード弾きの上で鳴ってるとその特異性がわかりやすくなるんじゃないかな…、と思ったりしてたのですが、私は少し気負いすぎたかもしれない。私はさておき、秋山さんのギターも朗読もすてきでした。
****************************************************************

それはさておき、人の映像に曲をつけてみたり、4月末から5月にかけて、ずっと曲をつくることを考えてたのですが、こういったことは普段自分がやってることとは、きちんとわけたほうがいいなあ、と思ったりしました。同じ名前でやってると、自分も見る人も混乱する気が。特に自分が。
というわけで、弾き語りについては、「ときめきサイエンス」という名前で、今後やっていこうとおもいます。この名前が出てきたら歌ったりするということです。

「ときめきサイエンス」は、かつてトランソニック/zero gravityのtagomagoさんとデュオをしていたときの名前で、私が演奏した歌とピアノを、tagomagoさんがエディットしていくユニットでしたが、1998年に一枚アルバムをだしただけで活動しなくなってしまいました。
tagomagoさんからは「ときめきサイエンス」の名前を今後も使っていいよ、と言ってもらっているので、歌もののソロは、この名前でやっていこうとおもっています。
二人以上になったときは、「ときめきサイエンス」+ゲストの名前、みたいな感じで考え中です(機会があるかどうかわかりませんが)。

というわけで、昨日お誘いがあったばかりでまだ詳細をお伝えできないのですが、7/17に、ひとりで「ときめきサイエンス」での演奏をしようとおもいますので、また詳しいことわかったらこちらでお知らせします。

後記:7/17は、結局、正直の時里充君に手伝ってもらって、ときめきサイエンス+時里充という形でやりました。天才イラストレーターの山本悠君が1曲だけスマホ録画してくれていたので、以下にはっておきます

———–

あと、比嘉了君とやってるユニットもずいぶん長いのですが、これも別のプロジェクト名をつけたいつけたい、といいながら、だじゃれを使った名前しか思い浮かばず、すべて比嘉くんに却下されています。がんばります。